リハビリテーション科

リハビリテーション科のご紹介

病気やけがにより何らかの障害を持たれた患者様が、再び住み慣れた地域でいきいきと暮らせるように、そして見慣れた景色を眺めながら安心して暮らせるように…。という想いを持って私たちリハビリテーションスタッフはそれぞれの専門的立場から、患者様やご家族の要望に応じてリハビリテーションサービスを提供しています。

特色

  • 1、島内の基幹病院として地域に密着し、子供さんから高齢者まで幅広い層の患者様の対応できるよう、また寄り添っていけるよう努力しています。
  • 2、小児分野では発達障害などにも取り組んでいます。
  • 3、必要な方には家庭訪問して家屋改修やリハビリを行っています。

リハビリテーション科スタッフ

  • 理学療法士 6名
  • 作業療法士 4名
  • 言語聴覚士 2名

スタッフの中には心臓リハビリテーション指導士、呼吸療法認定士、管理理学療法士(呼吸)、糖尿病療養指導士経験者、介護支援専門員等の資格を有するスタッフもおり、様々な患者様に対応できるよう日々研鑽しています。

リハビリテーション内容

理学療法について

病気や怪我で体に障害を受けた方に対し、関節を動かして固まってしまうのを防いだり、その人にあった運動を選択して筋力を付けたりします。また 日常の基本的動作、起きる、座る、立ち上がる、歩く、階段を上るといった訓練を行います。

作業療法について

病気や怪我、寝たきりなどによって生活上に不自由がある方に対し、身体面だけではなく日常生活面、認知面など作業活動を通してアプローチしていきます。

言語視覚療法について

脳血管の病気などで喋りにくくなったり、(失語症や構音障害など)嚥下しにくくなったりした方(嚥下障害)に対し、ことばの練習や嚥下の練習を行ったりします。 また、発音や行動面で気になるお子さんに対してもサポートしています。

地域における予防事業について

出前健康教室:看護師・薬剤師・栄養管理士・リハスタッフ合同で地域の老人会や民間企業に出向き、健康に関する講演や転倒予防・認知予防・介護予防等の体操の指導、栄養士による食事のお話、薬剤師による薬のお話等を行っています。 ※リハビリスタッフのみでの講演や予防体操等の依頼も受けてますので、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ