看護部

看護部

ご挨拶

小豆島の自然を満喫しながら、地域医療に貢献してみませんか?

 小豆島では、年間約130名の方々が移住され、そのうち約70%が定住されています。 中でも、健康づくり・子育ちの島としての対策が進み、若者が地域住民と共に人も気候も穏やかなこの地で、のびのびと活動できるよう環境整備がなされています。
 私達は、小豆島全体で取り組む地域包括ケアシステムに基づいたシームレスケアの提供を通して、地域医療に貢献することを目標に日夜努力しております。
 私達と共に、心のかようふれあいを大切に、患者の皆様に寄り添ってみませんか?

小豆島中央病院
看護部長 吉元 和子
(認定看護管理者)

(師長With看護部)

看護部組織と看護体制

看護部理念

花言葉
真心・調和・謙虚

 私達は、地域医療の担い手として、優しく温かい心で、地域住民に信頼される看護ケアの実践に努めます。

基本方針

患者さんのために


 私達は、患者さん一人ひとりに向き合い、寄り添い、その人の生活の質が向上する一助となる看護を実践します。

職員のために


 私達は、地域医療に関わるプロフェッショナルとしての能力を発揮し、倫理に則り行動し遣り甲斐と魅力ある職場環境作りをめざします。

小豆島中央病院のために


 私達は、小豆島中央病院職員として、他職種と協働し、健全な病院運営に参画します。

社会のために


 私達は、看護の発展と地域住民が安心して暮らせる社会づくりに貢献します。

看護部組織図

看護部委員会 ~看護部の主力コアメンバーが活躍中!~

看護体制

*入院基本料:10対1看護体制
*看護方式:固定チームナーシング
*勤務形態
いろいろな「仕事の仕方」を選ぶことができます。

  1. 病棟勤務
    日   勤  8:30~17:15(一日の勤務時間:7時間45分)
    16時間夜勤 16:30~9:15
    12時間夜勤 20:30~9:15(4時間代休あり)
    長 日 勤  8:30~21:30(4時間代休あり)
    *夜勤は12時間・16時間どちらでも選べます。*
  2. 外来勤務
    日   勤  8:30~17:30
    16時間夜勤 16:30~9:15
  3. 夜勤専従勤務
    夜勤手当:1回10,000円
    夜勤専従制度あり:7回目以降15,000円
    その他手当:毎月10,000円 追加
  4. その他
    常勤で働けない方も、様々な働き方のご相談に応じます。

求人情報
*子育て支援対策
・育児短時間休業・夜勤免除
・院内保育所、病児病後児保育室完備

院内保育所 :あずきっこ

病児・病後児保育室 :オリーブキッズ 「子育て支援対策はバッチリ!!」

*オリーブキッズ通信*
オリーブキッズってどんなとこ?? どんなふうに過ごすの?? スタッフはどんな人?? など 不安に思っている保護者の方もいらっしゃるかもしれません。
今日は利用しないけど、話を聞いてみたいなあと思った時には、是非オリーブキッズに足を運んでみて下さい。
お待ちしています。
☆病児・病後児保育をご利用の際は、毎年度登録が必要となります。
平成30年度の登録をよろしくお願い致します。
提出先 → オリーブキッズ
*住宅その他
・行政の「移住促進対策」とのタイアップ!!
お住まいに関するご相談に応じます。

教育体制

1)新採用者研修

平成30年4月2日~4月6日
対象者:新入職者全員(全職種)
*集合研修(5日間)により同期の絆が生まれます。

<研修プログラム>

  • 1日目
      オリエンテーション
      辞令交付式
      企業長挨拶・院長挨拶
      接遇について・・・担当者
      更衣室案内と業務準備
      白衣等手渡し
  • 2日目
      各部門の紹介と説明
      災害医療について
      院内見学説明会・部署への挨拶
  • 3日目
      電子カルテトレーニング(全体)
      電子カルテとラーニング(部署別)
  • 4日目
      病院の理念と使命・・企業長
      病院組織について・・事務部長
      看護部組織について・看護部長
      処遇・待遇について・・人事・秘書課
      医療安全対策・・・・医療安全責任者
      院内感染対策・・・・感染制御看護師
      懇談会
  • 5日目
      各部署に分かれて研修(看護部)
      ・倫理研修
      ・看護必要度研修
      ・看護協会と研修計画紹介
      ・看護技術研修
      (医療機器操作・採血・吸引・輸液・救急法他)
      希望でトレーニング、人体モデル各種あり
      ・勤務初日の注意点と確認事項

2)スタッフ教育

*新人看護職員への支援体制
1、プリセプター制度
(卒後3年目~5年目担当)
2、チームサポート制度
(部署スタッフの適宜支援)
3、メンタルサポート体制
(臨床心理士によるカウンセリング)

*教育体制の特徴*
①多彩な学習内容を小豆島にいながら受講でき、個人のスキルアップに活かせる効率的自己学習体制
②日本看護協会クリニカルラダー(実践能力Ⅰ~Ⅴ)とリンクしたキャリア開発システム
キャリア
(実践能力)
e-ランニング
研修
ナース会
院内研修
院外研修
自己学習
ラダーⅠ 必須3項目 年12回 申告制
ラダーⅡ 必須3項目 年12回 申告制
ラダーⅢ 必須3項目 年12回 申告制
ラダーⅣ 必須3項目 年12回 申告制
ラダーⅤ 必須3項目 年12回 申告制
管理者ラダー
Ⅳ・Ⅴ
必須3項目 年12回 申告制
管理者研修
必須2項目
(特典)
・研修に係る費用・交通費・宿泊費は全面支援
・認定看護管理者研修は、推薦を受ければ全面支援
(認定看護師教育も同様)
頑張るあなたを全面支援!!

●学研ナーシングサポート

e-ランニング採用(145テーマ)
基礎習得コース(18テーマ)・中堅コース(22テーマ)
精神科コース(24テーマ)・看護管理コース(6コース)
リーダー育成コース(6テーマ)・看護研究コース(19テーマ)
院内全体研修コース(29テーマ)・重症度・医療・看護必要度(4テーマ)
看護補助者コース(17テーマ)

学研ナーシングサポート

*自分の時間を有効活用* 興味のある学習を個人のペースで受けられる!
基本3コース
*基礎習得コース*
・バイタルサインのチェックのポイント
・安全な吸引・排痰を行うための手技とコツ
・輸液ポンプ・シリンジポンプの安全な取り扱いとアラーム対応
・急変時対応の実際

*中堅コース*

*チーム医療*
*管理者コース*
*看護研究コース*
*院内全体研修*
1 医療安全コース
2 感染対策コース
3 個人情報保護コース
4 倫理コース
5 接遇コース
6 看護記録・看護必要度コース
7 認知症対応コース

●学研ナーシングメソッド

統一した看護手順書・技術動画で確認できるので、安心して看護ケアの実践ができる。
新採用教育や様々な技術指導に有効活用できる。

新人看護職員技術チェックコース
環境整備技術から救命救急処置技術まで(174+67テーマ)
小児看護コース(20テーマ)
 

各部門のご紹介

*外来部門*

外来部門:1ブロック


泌尿器科は、尿に関する病気や男性生殖器に関する病気を主に取り扱う科です。
排尿時の痛み、尿に血が混ざる、尿が出にくい、尿が近い、尿が漏れる、陰嚢の痛み・腫れ、腰・脇腹の痛みなどの症状がある方は当科を受診してください。
また看護師に気軽にご相談下さい。
※初回受診時は必ず診察前に尿検査があります。

外来部門:2ブロック


【眼科】当科は眼の事ならなんでも相談できる、という地域住民の皆様に身近な病院であることを眼科スタッフ一同、心がけています。
高度な医療機器も配備し幅広い眼科分野に対応しております。また、必要に応じて密に連携を取っている大学病院、その他にも専門性の高い様々な関連施設に紹介させて頂いており、私達眼科スタッフはドクターを中心に皆様の視覚を守るお手伝いをさせていただいています。
【皮膚科】私達皮膚科は美しく丁寧に患者様に安心して治療を受けて頂くことをモットーに日々の業務に取り組んでいます。患者様の不安を少しでも和らげるように、分かりやすい説明を随時行っております。
幅広い世代の患者様の髪の毛から皮膚、爪先までの各疾患に対して皮膚科専門医、看護師が患者様と共に寄り添う医療を行っています。皮膚のトラブルは気軽に看護師に相談して下さい!

外来部門:3ブロック


内科脳神経外科外来は、生活習慣病をはじめ、内科全般の診療を行っています。
専門として禁煙外来、睡眠時無呼吸外来も設けています。
脳神経外科外来は脳血管障害、頭部外傷を主にしています。
内科・脳神経外科スタッフはドクターを中心に患者様が安心して治療・疾患の予防ができる様にサポートさせて頂きます。

外来部門:4ブロック


外科整形外科は外傷や骨折、膝、腰の痛みなどを患者様に合った方法で治療をする科です。
科ごとの違いはありますが、スタッフ間で助け合いながら日々の業務を行う協力・協調がモットーのいつも笑顔の4ブロックです!

外来部門:5ブロック


【小児科】赤ちゃんから中学校卒業までを対象に、一般外来や入院治療、また元気に成長していくお手伝いとして乳児健診や予防接種などを行っています。
地域の皆様が安心して子どもを育てられるお手伝いができるよう努めてまいります。
【耳鼻咽喉科】小さなお子さまからご年配の方まで、幅広い年齢層の患者さまを対象に、耳・鼻・咽頭の診療を行っています。
また、手術、舌下免疫療法や補聴器外来も行っております。まずは、一度診察にいらしてください。患者様が安全・安心して診療を受けられるように努めています。

外来部門:救急・内視鏡


救急外来では、救急車や直接来院された患者様の対応を迅速に行い、夜間・休日を含め24時間体制で対応、電話相談も行っております。
中央処置室では、全診療科の採血・注射・点滴・輸血・化学療法など、看護師と検査技師が協力し、各診療科スタッフと情報を共有しながら、患者誤認や薬剤間違いの防止に努めています。
内視鏡では、胃・腸の内視鏡検査、潰瘍からの出血や総胆管結石などによる、緊急内視鏡検査を24時間体制で行い、また安全で安心な検査を受けていただくため、希望者には鎮静剤を投与し苦痛の少ない検査も行っています。
患者様に、あらゆる治療に臨んでもらえるように日々努力しています。

外来部門:健診


健診科は、企業・個人など様々な健診を行っています。
予防医療と早期発見をし、1人でも多くの方が助かり、また健康な生活が送れるよう新たな目標に向かって頑張っています。

*病棟部門*

病棟部門:3階病棟・手術室


 手術の必要な患者様が主に入院しています。安全かつ安心して手術を受けていただけるよう患者様に寄り添った看護の提供を心がけています。手術室は3室あり手術の援助、安全対策及び確保を主な業務としており手術が無事に終わることを保証する役割を担っています。
 平成28年度手術件数914件(全身麻酔115件)。

病棟部門:4階病棟


 松尾なぎさ看護師長をはじめ楽しいスタッフ揃いです。産科は島唯一の分娩を取扱い、小児科は治療以外に食物負荷試験や成長ホルモン分泌刺激試験も行っています。また、成人患者様の亜急性期病棟としての役割も果たしています。

病棟部門:5階西病棟


 緊急入院の患者様が多く入院しています。症状の辛さや入院・検査に不安を感じる患者様が安心して治療を受けることができるよう情報共有を密に行っています。また、小集団活動を通してチーム力の向上にも努めています。

病棟部門:5階東病棟


 5S活動、看護ケア、歯科衛生士による口腔内の清潔保持と合併症予防に努め、快適な療養環境の提供を行っています。患者様とのコミュニケーションを大切にし季節ごとのレクリエーションを実施しています。
症状が安定し退院可能となれば在宅や施設入所に向けて社会福祉士を中心に退院支援を行っています。

ページの先頭へ