基本理念・基本方針

基本理念

「地域の皆さんに寄り添う病院」として期待され、親しまれ、
信頼される地域の中核病院をめざします。

医療技術の向上に向けて絶えず研鑚に努めるとともに、患者さんの立場になって考え、行動し、優しさと思いやりをもって接することにより、患者さんと病院の相互信頼に基づく医療を行います。

地域の皆さんの病院として、保健、医療、福祉の一元化に取り組み、地域の皆さんの生命と健康を守ります。

合理的で効率的な病院経営に努め、経営基盤の安定を図ります。

→患者さんが適切な治療が受けられるよう、病院職員は次のことに誠心誠意取り組みます。

  • 一、自己研鑽に励み、治療技術の向上に努めます。
  • 一、患者さんがご自身の病名、治療等について納得された上で治療を受け、または拒否することができるよう、十分ご説明します。
  • 一、患者さんがご自分のカルテの閲覧を希望された場合には、閲覧していただきます。
  • 一、個人情報は、適切に守ります。

→患者さんに守っていただきたいこと。

  • 一、病歴など診療に必要な情報を、正確に提供してください。
  • 一、当院の規則を守り、職員の指示に従ってください。
  • 一、大声を出すなどの迷惑行為を慎んでください。
  • 一、医療費は速やかにお支払いください。

医師をはじめ病院職員は、地域医療を守るため、全力で頑張っています。 どうかご理解の上、職員の肉体的、精神的負担の軽減にご協力ください。

基本方針

  • 1、医療スタッフの集約化などで、継続的な医療を提供できる体制を確立します。
  • 2、既存の2公立病院の診療科を引き継ぎ、医療機器の整備や医師の確保など、医療内容の充実を図ります。
  • 3、患者の島外への搬送の減少を図ります。
  • 4、災害拠点病院として、災害に強い病院づくりを行います。
  • 5、政策的な医療(感染症、結核、周産期、透析など)に取り組み、公立病院としての使命を果たします。
  • 6、地域のかかりつけ医などの医療機関や福祉施設との連携を図り、地域全体での医療レベルの向上をめざします。

ページの先頭へ