メニュー

ご挨拶

小豆島中央病院企業団
企業長 佐藤 清人

小豆島中央病院企業団
企業長 佐藤 清人

 小豆島中央病院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 早いもので2016年4月の開院から5年が経過し、6年目を迎えることになりました。昨年度は新型コロナウイルスという未知の脅威との戦いに明け暮れる大変厳しい1年でした。特に12月には島内でも集団感染(クラスター)が発生し、感染症病棟には開院当初の想定を大きく上回る数の患者さまが入院され、毎日多数の患者さまが発熱外来を受診されました。その結果、一般病棟や一般外来の業務も強く圧迫され、病院業務全体に大きな負担がかかりました。十分な人員の確保ができていない中、また自分自身や家族の感染リスクという大きなプレッシャーの中、小豆島の最後の砦として、職員全員が心を一つにして何とか難局を乗り切ったという状況です。未だ出口の見えない長期戦ではありますが、今後もワクチン接種を軸として、一刻も早い感染終息をめざし、職員一丸となって邁進いたします。
 全国に335の二次医療圏(健康増進・疾病予防から入院治療まで一般的な保健医療を提供する区域で、一般に複数の市区町村で構成されている)が設定されており、香川県には3つの二次医療圏(東部・西部・小豆)がありますが、その外来医師偏在指標(人口10万人あたりの外来医師数の指標:平成31年2月時点)は、東部が全国14位(138.4)、西部が69位(111.8)といずれも外来医師多数区域となっている一方、小豆は334位(48.0)と全国で最も医師の少ない医療圏の1つとなっており、人員確保の責任者としては忸怩たる思いがあります。開院前から現在に至るまで、香川県・香川大学と連絡を密に取り、常勤医の確保に努めてまいりましたが、残念ながら十分な確保に至っておりません。しかし、この少ない人員体制の中ではありますが、当院職員は自己研鑽に励み、一丸となって「地域の皆さまに寄り添う病院」として、良質かつ適切な医療を提供し、皆さまから親しまれ、信頼される病院づくりに努めてまいりますので、引き続きご理解とご支援のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

2021年5月

 

小豆島中央病院
院長 山口 真弘

小豆島中央病院 院長 山口 真弘

この度、院長に就任いたしました山口真弘です

私は、1992年に香川医科大学を卒業後、呼吸器領域の内科治療、結核治療等の感染医療について従事してまいりました。その一方で、医師の卒後臨床研修教育、また地域連携推進などにも幅広く携わってまいりました。この経験をもとに、地域の皆さまにより満足していただける医療の提供を目指し、そのお役に立てればと思っております。

私の方針(理念)は、小豆島中央病院(Shodoshima Central Hospital)の頭文字を使い、次のように考えております。

S(Specialty(スペシャルティ)):「専門であるという意識を持って行動する」

 … 自分の仕事に誇りをもって行動するだけでなく、他職種の仕事も尊重し合いながら仕事をしていきます。

C(Community(コミュニティ)):「地域の人たちに寄り添う医療を提供する」

 … 当院の基本理念にもある、『地域の皆さんに寄り添う病院』を目指します。

H(Hospitality(ホスピタリティ)):「島内外に関わらず、人に安心を持ってもらえる病院」

 … 小豆島は、観光事業にも力を注いでおります。私たちも同様に、島外からの方に対してもおもてなし精神を持って医療を提供いたします。

理念・信念は人生における羅針盤のようなものと言われますが、当院では「患者さまへ心のこもった医療サービスと安全・安心を提供し、信頼される地域の中核病院」として、地域社会のニーズに柔軟に対応できるよう努力してまいりたいと思っております。

当院は、島内唯一の公立病院です。今後も、地域に根付いた病院づくりを職員一丸となってまい進してまいりますので、よろしくお願いいたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME